teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


読んでいたけましたか?

 投稿者:教えてください  投稿日:2017年 4月11日(火)22時18分3秒
  先日の投稿の再記入となります。どうしても塚本先生の感想が聞きたくて投稿しています。
福島さん、申し訳ないのですが、話をご自分の方にふらないでください。
いろいろな意見があるかと思いますが、回答は塚本先生に求めております。

塚本先生よろしくお願いいたします。


http://japanese130.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-b7a3.html

ここに書かれていることは本当なのでしょうか?
日本語の起源は朝鮮半島にあるのでしょうか?

大変重大な問題を含んでおり、上記のブログの感想も含めてお知らせください。
 
 

akira様

 投稿者:福島雅彦  投稿日:2017年 4月 7日(金)23時25分43秒
  >…スキャナー頂き、PDF又はJPEGのファイルにて、
当HP管理者のakiraの
mailアドレス  hangul_1446@hotmail.com   までレジメを添付ファイルにて
送信ください。
当塾HPの「受講生の広場」に内容、量等確認検討のうえ、特別掲載を検討させて頂きます。

*大変光栄なお申し出ですが、何しろPC音痴で、スキャンとか添付が出来ません。地図もデジタル化したものではなくアナログで造っていますので…。

・塚本勲先生宛に後日郵送させて頂きますので、それをご高覧頂いてご検討ください。
 

本当ですか?

 投稿者:教えてください  投稿日:2017年 4月 7日(金)23時21分40秒
  http://japanese130.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-b7a3.html

ここに書かれていることは本当なのでしょうか?
日本語の起源は朝鮮半島にあるのでしょうか?

大変重大な問題を含んでおり、上記のブログの感想も含めてお知らせください。
 

福島様

 投稿者:塚本勲  投稿日:2017年 4月 5日(水)21時58分4秒
  今晩は、早速教えて頂き、ありがとうございます。私の住所は
郵便番号630-0212  生駒市辻町875-50  です。
 

福島雅彦様

 投稿者:akira  投稿日:2017年 4月 5日(水)21時42分14秒
  福島雅彦様
連絡ありがとうございます。当HP管理者のakiraです。
古代倭語(方言と朝鮮語に片鱗を留める)」のレジメを、
スキャナー頂き、PDF又はJPEGのファイルにて、
当HP管理者のakiraの
mailアドレス  hangul_1446@hotmail.com   までレジメを添付ファイルにて
送信ください。
当塾HPの「受講生の広場」に内容、量等確認検討のうえ、特別掲載を検討させて頂きます。
「受講生の広場」は下記です。参照ください。
http://www.h5.dion.ne.jp/~home2003/newpage10.htm
 

akira様

 投稿者:福島雅彦  投稿日:2017年 4月 5日(水)21時06分43秒
編集済
  >「古代倭語(方言と朝鮮語に片鱗を留める)」のレジメ、
送るとのことですが、どのインターネットサイトへ行けば、
読むことができるのか。お知らせ投稿いただけれは幸いです。

*私は自分のHPを持っていません。他の古代史関係のHPへ出かけて持論を展開しています。
・勢い、狭いテーマへの断片的投稿になります。
・レジメ自体を投稿すると、ハングル文字は文字化けしますし、字数制限に掛かります。
・従って、アナログな紙に印刷したものを郵送しています。
 

塚本 勲 先生

 投稿者:福島雅彦  投稿日:2017年 4月 5日(水)20時59分34秒
  E-mailでお知らせ頂ければ、と思いましたが…

私の住所は、下記です。

〒839-1232
久留米市田主丸町常盤1109-5
 

当HP管理者のakiraです

 投稿者:akira  投稿日:2017年 4月 4日(火)23時02分32秒
  福島雅彦様へ。
当HP管理者のakiraです。
投稿ありがとうございます。
「古代倭語(方言と朝鮮語に片鱗を留める)」のレジメ、
送るとのことですが、どのインターネットサイトへ行けば、
読むことができるのか。お知らせ投稿いただけれは幸いです。
よろしくお願いします。論文検索で調べた限りでは、
下記サイト等でした。
①久留米大学のサイトhttps://syllabus.mii.kurume-u.ac.jp/syllabus/syllabus/search/SyllabusInfo.do;jsessionid=2DB92BBA4FA6B28E089090F3C8E3A8E0?nendo=2014&kogikey=143002000
②質疑回答サイト
http://bbs10.aimix-z.com/mtpt.cgi?room=e_asia&mode=view&no=8&p=2
よろしくお願いします。

 

お返事が遅くなりまして

 投稿者:塚本 勲  投稿日:2017年 4月 4日(火)18時59分12秒
  福島様へ
お返事が遅くなりました。あまり大量でなければ、読ませて頂きます。あなたの住所を教えてください。私の住所を知らせます。
どうぞよろしく。
 

始めまして

 投稿者:福島雅彦  投稿日:2017年 3月29日(水)23時21分4秒
編集済
  私は古代史は所謂「邪馬臺國」に取り組んできました。
私は植民地時代の台湾で標準語の現地教育者を父に六歳まで育ちました。
戦後、父の故郷九州(筑後)に引き上げて、即新生小学校一年生になりました。
筑後弁は外国語と同じに思えるほど、通じませんでした。
いじめに遭い、死活問題として筑後弁をマスターしました。
中学生になって、鉱石ラジオを作りましたが、敗戦国日本の電波より「朝鮮」の電波が強かったのか、最初に響いた音声は朝鮮語(その時は何語か判らず)でした。
多分、釜山の局だった、と。その時、必死で覚えた筑後弁と似ているな、と感じました。
古代史の諸説に接するうちに、中国正史の「倭語」音写の漢字を時の日本語読みしているものばかりであることに気づきました。
中国への遣使は訳を重ねて朝貢した、とあります。「倭語」話者は朝鮮語を解したか、「朝鮮」側が「倭語」を解した、かで中国語への通訳が成り立つ、道理だ、と。
 そこで、NHKがハングル講座を始める前でしたが、朝鮮語が判らないと古代史の謎は解けないのではないかと、三省堂の『わかる朝鮮語』を購入して独学。
「古代倭語(方言と朝鮮語に片鱗を留める)」を引っ提げて古代史の謎解きに成功しました。
未だ、世に容れられていませんが…。約二十年経過していますが、各所で講演するまでにはなりました。私の「古代倭語(方言と朝鮮語に片鱗を留める)」のレジメをご高覧頂きたく存じます。
送付先をお知らせください。? ?????.=ハングルが文字化け(チャール プッタkハムニダ)。
E-mail   himmikot@mocha.ocn.ne.jp   「卑彌呼」=≪h i m m i k o t≫ と m がダブります。
追記=興味がある方は、何方でもお送りします。
 

レンタル掲示板
/15