teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


白銀の世界

 投稿者:ケン  投稿日:2007年11月25日(日)00時26分34秒
  久しぶりに山小屋に行ってきました。雪や渋滞で9時間かかりました。岩出山は自然があって良いですね。雪解けの音。シジュウカラの鳴き声チーチー・ジュジュジュジュジュ。青空と銀世界のコントラスト。ストレス解消になります。ボケの赤ちゃんも頑張って雪から顔をだしていました。雪の上の真っ赤な紅葉も印象的です。リコーダーを思いっきり吹いてきました。近所を気にしないで、練習ができます。帰りは事故があちこちであって、渋滞して、7時間半かかりました。ちょっと遠くてしょっちゅう行けないのが残念です。  
 

異常な暑さでしたね。

 投稿者:ikematsu  投稿日:2007年 8月18日(土)22時43分14秒
  「何なんだ!この暑さは!」
私も始めてでした。
ニュースで40度を超えた所もあると聞き
驚いています。
急に金曜日から涼しくなっています。

森の声が聞こえましたか。
風になびく木々で風の道が見えるようですね。
 

山小屋も暑かった

 投稿者:ケン  投稿日:2007年 8月17日(金)13時28分45秒
  今年の猛暑はすさまじかったですね。山小屋も例年になく暑くて野良仕事はほとんどできませんでした。この暑さでも雑草の方は元気ですね。日中は外にでられないので、小屋の中で一日リコーダーを吹いていました。風が強い日は森が騒いでいるように聞こえます。千の風になって吹き渡っている人達もいるんでしょうね。  

私はハーモニカでも・・

 投稿者:ikematsu    投稿日:2007年 7月 8日(日)22時28分42秒
  今回のご滞在中は、雨が続きましたね。
時々雨が止んで陽がさすとすぐに
小鳥たちの鳴き声が聞こえてきます。
雨が止むのを待っていたのでしょうか。

前にハーモニカを森の中で吹きたくて、
買い求めて練習していました。
それぞれの家にくる鳥たちは縄張りがあるように
思うのです。その家とそこにいる人に
慣れるとだんだんそばによってくるような
気がするのです。
私の全くの思い込み勘違いかもしれないのですが。

でも鳥たちと合奏?できたら楽しいですね。
机の引き出しに仕舞いこんでいるハーモニカを
取り出してみました。
 

リコーダーの音色

 投稿者:ケン  投稿日:2007年 7月 7日(土)00時09分17秒
  毎日雨が続き、野良仕事があまりはかどりません。でも、お陰で時間がたっぷりあるので、最近始めたリコーダーを吹いていました。リコーダーの音色はなかなか良い感じで回りの森と調和するように思えます。毎朝、鶯やホトトギス等の鳥の声で目を覚ましますが、鳥達にはどう聞こえたでしょうか。  

留守をしまして

 投稿者:ikematsu    投稿日:2007年 5月11日(金)23時18分10秒
  無事に帰って参りました。
ケンさんのいらっしゃる時に申し訳ありません。

私の所にもスミレが何種類か咲きます。
始めは紫色、今は白色の花ですが
日本のスミレの種類は大変多いと聞いていますが
私がはっきりわかるのは、エイザンスミレだけです。
深みにはまると抜けられなくなりそうで、あえて名前を
調べないでいます。・・? 調べられないのかもです。
いつも思うのですが、よくこんなにきれいに咲いてくれるなと
関心するのです。

キスゲのつぼみがそろそろ付くころですね。
それも楽しみです。
 

春の花

 投稿者:ケン  投稿日:2007年 5月 6日(日)16時43分56秒
  久しぶりの山小屋ですが、春の花に出迎えられました。ユキヤナギが満開です。海棠も可愛い開きかけの蕾が沢山付いていました。水仙はほとんど終わっていましたが、遅咲きのラッパ水仙が4つ残っていました。何と言っても今の時期は野生のスミレですね。紫色の小さい花があちこちに見られます。まだ、虫も少なく、雑草もそれほど生えていないので、この時期は過ごしやすい季節です。  

雪景色

 投稿者:ケン  投稿日:2006年12月12日(火)00時37分58秒
  岩出山は雪がチラホラですね。日が出ると積もった雪も直ぐに消えてしまいます。これから冬本番でしょうか。白鳥の姿は今回は見られませんでした。まあ、寒いので、山小屋にこもっていたので、その機会も少なかったのかもしれません。  

落ち葉の囁き

 投稿者:ケン  投稿日:2006年11月 6日(月)00時28分59秒
  山小屋に行ってきましたが、紅葉が始まって見ごたえがありました。風が吹くと落ち葉がカサカサっと音を立ててお喋りをしているようです。有備館にも行ってきましたが、もみじが真っ赤でとても見事でした。池の周りを歩きながら散策できるのも良いですね。白鳥の声も聞きました。そろそろ冬なんですね。  

夏のなごり

 投稿者:ケン  投稿日:2006年 9月18日(月)21時48分41秒
  もうすっかり秋ですね。入り口のサルスベリの花が満開だったので、まだ夏のなごりがあるっていうところですね。こんなに沢山咲いているのは初めて見ました。今回はあいにくの天気でしたが、雨の森もなかなか趣があります。ちょっと歩くとあちこちにキノコがいっぱい顔を出しています。30cmぐらいの大物もけっこうありますね。食べられるのと毒キノコの区別ができないので、食べられませんが。水が出るって言うのはありがたいですね。お風呂に入ってすっかりリフレッシュできました。  

ホーッ、種からですか。

 投稿者:ikematsu  投稿日:2006年 8月20日(日)21時38分56秒
  全国的に猛暑ですが、岩出山でもずっと蒸し暑い日が
続いています。
でも日が沈むとすーっと気温が下がるのは有難いです。

「ボケの赤ちゃん」たちは種から育てたのですか。
それは、よけいに成長が楽しみです。
きれいな花を見せてくれますように。

ケンさんのせっかくの大切な時間にポンプのトラブルが起こってしまったなぁと
残念に思っています。
今度はそんな事がありませんようにです。
 

ボケの赤ちゃん

 投稿者:ケン  投稿日:2006年 8月19日(土)09時33分20秒
  お盆休みを利用して山小屋へ行ってきました。行きは渋滞を避けて深夜に出発、朝着きました。ミニログへのアプローチの坂の両脇に種を蒔いて芽が出てきた「ボケの赤ちゃん」達は順調に育っているようで安心しました。まだ10cm~20cmで細くてたよりないですが、根付いてくれました。今年の冬までにもっとすくすく育ってもらいたいと思います。ちょっと湿り気味でしたが、東京とは違い暑くなく快適でした。草刈で汗をかいた後のシャワーやお風呂は快適ですね。心も一緒に洗われます。  

ニッコウキスゲ

 投稿者:ケン  投稿日:2006年 6月10日(土)00時36分30秒
  日本列島も梅雨になりましたね。山小屋の周りにニッコウキスゲが群生しているのでフリーバカンスを利用して見に行ってきました。丁度100株位が花を付けていました。黄色い花びらが6枚で一日で一つの花は枯れてしまうようで、毎日様子が変わります。雨が降ると花があまり開きません。梅雨の晴れ間に可愛い花が見られました。来年はどの位増えているか楽しみです。  

けっこう深刻

 投稿者:てら  投稿日:2006年 5月25日(木)19時34分4秒
   はじめまして。
 私は最近、地球環境や温暖化について考えるエッセイを書いていますが、その深刻さに我ながら驚いています。 一人でも多くの方に、そのことを知って頂きたいと思って、声をかけさせて頂きました。
 また、生命の尊重や、生きる意味などについて考えるエッセイもあります。宜しかったら、ぜひ一度いらしてみて下さい。

http://www2.odn.ne.jp/seimei/

 

目の前でですか。きついですね。

 投稿者:ikematsu    投稿日:2006年 5月 8日(月)22時27分17秒
編集済
  木々の緑が一日で違っていますよね。
昨日から少し雨が降りました。だいぶ緑が濃くなったようです。
ヘビと野ネズミのそういう場面にでくわすとは驚きですね。
ずっと以前ですが、近所の家で太いへびが床下に居座っていたので
つかまえて遠くへ放してきたそうです。
そうしたら野ネズミがとたんに活躍しだして
「オーイ、へびヤーイ、帰ってきてくれ。」という
思いがした。との話を聞きました。
土と植物、微生物、ミミズや昆虫たちを含めた
動物たち、これらの関係に思いを巡らしますと、
面白いですね。
でも目の前で見るのは私には結構きついかもしれません。
そう言いながら鶏を絞めて食べているのだから
変ですね。鶏に感謝しつつですよ。
 

自然界の掟

 投稿者:ケン  投稿日:2006年 5月 7日(日)16時23分52秒
  岩出山も春の訪れですね。新緑も日に日に濃くなっていくのが分かります。野良仕事をしていて、野ネズミがヘビと戦う場面に出くわしました。自然界の厳しさを改めて、実感致しました。ガサガサ音がするので近づいて見ると、野ネズミがピョンピョン1mぐらいの高さまで跳ね回っています。近くにヘビが居ました。ヘビを一生懸命威嚇しているようです。ヘビが何かを飲み込みました。茶色い親指ぐらいの大きさのものです。また一つ。良く見るとそれは野ネズミの赤ちゃんでした。野ネズミの親が子供を守るために必死にヘビを威嚇していたのです。可哀想なのでよっぽど手を出そうと思いましたが、これは自然界の掟と思い直しました。ヘビもまた生きていくためには仕方のない事なのでしょう。それにしても、自然界の厳しさを実感しました。  

地吹雪

 投稿者:ケン  投稿日:2005年12月22日(木)21時50分8秒
  先週の土日にかけて久しぶりに山小屋へ行ってきました。もう少し暖かいうちに冬支度にいくつもりでしたが、休みが取れなくて12月も半ばを過ぎてしましました。今年は4WDにスタッドレスと言う事で雪には強いと期待しながら行きました。予想通り安定した走りでした。日曜日に帰るとき、国道まで来ると地吹雪で、先が良く見えない状態の時がありました。さすがに前が見えないとちょっと怖いですね。でも高速にのると視界は急に良くなり、快適に走れました。その後何箇所かで吹雪きに遭いましたが、着いてみれば、7時間。結構早く帰って来れました。これからは冬でも安心して山小屋へ行けます。また白鳥の編隊飛行が見たいと思います。  

早い積雪です。

 投稿者:ikematsu    投稿日:2005年12月16日(金)23時24分52秒
  12月に入ってすぐの積雪は最近では無かったことです。
まだ20センチ位ですが、冬ごもりするには早すぎます。
もうちょっと労働しなくては。
 

栗のイガ

 投稿者:ikematsu    投稿日:2005年10月20日(木)19時47分9秒
  山栗がいっぱいだったでしょう。イガが土をいじったりする時に
結構刺さるのですよね。落ちた栗の中で黒っぽいのは落ちてから
時間がたっているので、ピカピカときれいなのは比較的に虫が少ないです。
水仙300個の球根を植えるのは大変でしたでしょう。
春、雪が溶けて最初に花が咲くのは野のスミレで、その次は水仙です。
来年が楽しみですね。

今年は栗の豊作年だったようです。
実が成長する時に気温が高かったからでしょうか
大きな実がなりました。
もう少し暇になったらイガを集めて穴を掘って埋めます。
無駄な作業のようなのですが、後々外仕事している時に
手に刺さらないで楽なのです。埋めたのはそのうちに
土になってくれます。
 

 投稿者:ケン  投稿日:2005年10月14日(金)16時29分21秒
  先日、3連休とフリーバカンスを2日付けて山小屋へ行ってきました。夏に植えた花達が迎えてくれました。今回は去年植え損なった水仙の球根300個を植えるのが最大の目的です。ミニログに続く斜面の道の両側に50cm位ずつ穴を掘り、10個~20個ていど球根を植えていきました。結局斜面に15個の水仙用の花壇ができました。ミニログの前の広場には2箇所水仙花壇を作りました。結局2日がかりの仕事になりました。たまたま検針に来たガス屋さんに栗を拾ってふかすと良いとアドバイスされ、編み袋にいっぱい取りました。家に帰ってからゆでて食べました。虫食いもかなりありましたが、結構美味しい秋の味覚を楽しめました。今度はもっとちゃんと栗ひろい体制で臨もうと思います。  

レンタル掲示板
/5