teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


セレナーデ音源登録

 投稿者:Fl 山本  投稿日:2017年 4月28日(金)08時34分14秒
  FILE: strauss_serenade_op7_de_waart_netherlads_wind_ensemble.mp3
URL: http://2.gigafile.nu/0505-b5360445e141b40108d912be4adbbc6c1

FILE: 管楽器のためのセレナード_op7_holliger_chamber_orch_europe.mp3
URL: http://2.gigafile.nu/0505-c767b39c6eaff4a051d060b2824c59139
 
 

セレナーデ音源

 投稿者:Fl 山本  投稿日:2017年 4月28日(金)00時01分55秒
  YouTubeにも、多数登録されていますが、その中でも、以下の演奏は、とても良い響きです。
https://www.youtube.com/watch?v=IXOAKELSFzQ
音源は、カナダ放送協会が制作したCD(1989年)のようです。
手元には、オランダ管楽アンサンブルの演奏と、ヨーロッパ室内合奏団管楽ソロイスツの演奏がありました。
後者の指揮は、H.ホリガー。スタートの巨匠的なテンポはとても無理ですが、とても美しいし、演奏面でも参考になる示唆が得られます。例えば、ダイナミックスの付け方。最後の1音の音量を落とすと(テンポもほんの少し緩む)、フレーズのディミヌエンドがとても自然です。改めてuploadします。
山本
 

セレナーテ譜面゙第4版

 投稿者:Fl 山本  投稿日:2017年 4月25日(火)15時19分48秒
  練習時、及び掲示版で指摘のあった点、見直しました。
修正作業時に気付いた点も反映させています。

FILE: strauss_serenade_op7_nonet_hn_II_rv04.pdf
URL: http://25.gigafile.nu/0502-c7c805a6bf76ebf109c045fa3953d5bdf

FILE: strauss_serenade_op7_nonet_hn_I_rv04.pdf
URL: http://25.gigafile.nu/0502-cd043a428466f824b323005733cc2defa

FILE: strauss_serenade_op7_nonet_cb_rv04.pdf
URL: http://25.gigafile.nu/0502-c2a239e5c06f37287d9ea01ce4eeeb994

FILE: strauss_serenade_op7_nonet_fg_II_rv04.pdf
URL: http://25.gigafile.nu/0502-bed5176e9fd94ed8d5e48fbe62cfd363f

FILE: strauss_serenade_op7_nonet_ob_I_rv04.pdf
URL: http://25.gigafile.nu/0502-c20066c4f446794bceffb6ac18920d09c

FILE: strauss_serenade_op7_nonet_ob_II_rv04.pdf
URL: http://25.gigafile.nu/0502-bced9a82ed80049422104baef2c5260cc

FILE: strauss_serenade_op7_nonet_cl_II_rv04.pdf
URL: http://25.gigafile.nu/0502-c6a00efbff015d7b6dc1236c9efacadf0

Hn_I,II
親切記号(?)の付きすぎも、見直しました。
Fg_II
mm.134、135のアーティキュレーション、音高も、見直しました。
Ob_II
テンポが変化する箇所の指示が見えるように、長休符を分割しました。
Cl_II
前々回の練習時に指摘のあった箇所、?を追記しました。
 

セレナーデ(再修正)

 投稿者:Fl 山本  投稿日:2017年 4月24日(月)23時23分5秒
  10日8時代入稿の記事を見落としていました。
mm.54、㎜75~78、mm.95~96 ご指摘の通りです。
mm.64は、オリジナルに従ってC(実音)で良いと思います。
mm.171、ご指摘の通り、編曲に不備がありました。
ここは、倚音、解決なので、音高が変わる場合には、半音か全音の変化でないと演奏者には不自然です。Cbに弾いてもらいます。mm.172~174も、Esを弾いて貰います。最低音は、C,fg、楽器がない場合はB,tb、さらにCbを追加しても良いというのが原曲。今回はC.fg、B.tbがないので、もともと、mm.172~174は、Cbに演奏して貰うべき箇所でした。
修正版は、追ってuploadします。
 

セレナーデ(修正)

 投稿者:Fl 山本  投稿日:2017年 4月24日(月)01時12分4秒
  Hnパートのミス、連絡、ありがとうございました。
ご指摘の通りです。
第2拍目は入力ミスですが、1stの3連譜の方は、親切記号を表示するのを見落としたからです。
ホルンパートは調号を見えなくしているので、Es、As、Bは、親切記号として個別に表示させる必要があります。このような見落としがないか、再確認をお願いします。
それと、Es管とB管のパート譜から、採用するパートを選んでF管用の譜面を作ったので、移調を間違っている箇所が、前回修正箇所以外にもあるかも知れません、再確認をお願いします。

Cbパートの間違い指摘、ありがとうございました。
mm.64 第2拍 G⇒F
mm.99 第2拍 表拍 Eis、Fis⇒Fisis、Gis(オクターブ下げ)
確認すると、これ以外にも、以下の間違いがありました。
mm.103 第1拍裏拍以降次の小節まで削除

以下は、2ndfgと共通です。
mm.7 スラーは分割せず、大きなスラーに変更
mm.127 4分音符+4分音符⇒付点4分音符+8分音符
mm.145、147 1拍毎のdim.⇒1小節に亘るdim.

1stOb
mm.83 第1拍の4分音符削除
(ピアノ・ソロ版より譜面化したため、このようなミスが発生しました。)
mm.83 第2拍 Laに?追加
mm.85、88 親切記号追加
1stObの聴かせ所、上記修正とともに、段毎の小節数を変更して、見やすくした版に変更しました。

配置の件
今のように、横に長い配置だと、flとclが遠すぎ、アンサンブルが困難です。
もっと、近寄って、半円形に近い配置で、最終練習を行いたいと思います。

先日の練習時に、プログラム・ノートの作成を依頼されました。
分量圧縮のために、編集者によって大幅にカットされると思うので、初稿を参考のために載せておきます。手元にあるスコアは30年ほど前に購入したものであり、初回の合宿時に、不足楽器は他の楽器で代替するなりして演奏したことを覚えている方もおられるでしょう。今回、管楽アンサンブル曲として演奏できることになり、感無量です。
(プログラム・ノート)
R.シュトラウスは、「ティル・オイゲンシュピーゲル」などの交響詩、「薔薇の騎士」などのオペラで有名である。今日でも、彼の交響詩は、オーケストラ・コンサートで、しばしば登場している。また、彼のオペラはウィーン国立歌劇場で、イタリア・オペラ、モーツァルトの名作と並んで最重要なレパートリーとして頻繁に上演されている。彼は、恐らく野心家であって、数々の交響詩に続いて、「サロメ」、「エレクトラ」と言った、話題性のあるオペラを立て続けに発表して、オペラ作曲家としての地位を早々と確立した。オペラ作曲家として数々の成功を収めた後、晩年に至って管楽器に目を向けるようになる。オーボエ協奏曲、クラリネットとファゴットのための小2重協奏曲、ホルン協奏曲、そして2曲の16管楽器のためのセレナーデ。しかし、これは初めてのことではなく、作曲家としての出発点では、管楽器は彼の愛好する楽器であった。父親が優秀なホルン奏者であったことも影響しているであろう。今日でも愛好されているチェロ・ソナタと同時期に作曲されたのが、本日演奏する管楽セレナーデであって、彼の出世作として大成功を収めた作品である。18歳の時の作品であるが、当時の大指揮者ハンス・フォン・ビューローが高く評価し、この編成による続編の作曲を提案した結果、4曲からなる「組曲」も作曲されている。いずれも、数少ないドイツ・ロマン派の管楽曲として貴重な作品となっている。オリジナル編成は、各2本のフルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、4本のホルンに、最低音楽器(コントラ・ファゴットまたはテューバ)が加わった13管楽器であって、室内楽というよりも、オーケストラの管楽器セクションによる合奏曲と言える大規模な作品である。本日は、木管9重奏(フルート、各2本のフルート、オーボエ、クラリネット、ホルンにコントラバス)の編成でお届けする。この編成は、本日のメイン曲、モーツァルトの交響曲第40番の管楽器編成と同一の編成である。古典派の時代、管楽アンサンブルの標準は8重奏(各2本のオーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルン)であって、オリジナル曲とともに、オペラからの編曲作品が数多く生み出された。ロマン派に入って、これにフルートが1本加わった9重奏の作品(ノネット)が登場してくる。オリジナル作品ではイタリア・オペラの大家ドニゼッティの作品、オペラ編曲作品ではC.M.ウェーバーの「魔弾の射手」、劇音楽編曲作品ではF.シューベルトの「ロザムンデ」など。フランス近代になると、オペラ「ファウスト」で名前を残すC.グノーの「小交響曲」を初め種々の作品が生み出されたが、ドイツ・ロマン派の大家は、この編成の作品を残さなかった。編曲は極めて限定的であって、ドイツ・ロマン派の管楽ノネット作品として楽しんで頂ければ幸いである。
(曲目解説)
伝統的なソナタ形式(二つの主題による提示部+主題に基づく展開部+主題の再現部)
主題提示部
第1主題 冒頭でオーボエによって奏される情感豊かな旋律(変ホ長調)。第2主題 クラリネットとホルンによって奏される、やや活気を持った旋律(変ロ長調)。いずれも、一度耳にすると、口ずさみたくなるような、印象的な旋律である。
展開部 オーボエによるカデンツァ風のソロで始まる。次第に高揚して頂点に達し、崩れ落ちるように下降して、再現部へ。この下降音型を各楽器が異なるリズムで奏するのが面白い。
再現部
 第1主題 ホルンによって再現(変ロ長調)。第2主題 クラリネットとファゴットにより再現(変ロ長調)。最後は、消え入るように余韻を残して曲を閉じる。
このように、形式的には極めて伝統的であるが、非常に息の長い旋律、入念なダイナミックスの指示、随所に見られる転調など、ロマン的な色彩に彩られた、管楽作品の佳作である。
 

セレナーデ 追記

 投稿者:hr  投稿日:2017年 4月10日(月)13時02分17秒
  山本さま

下記投稿の後、再度見ておりましたらもう1か所ご確認をお願いしたいところがございました。

hr
71小節 2拍目 1st・2ndとも As→A
    4拍目3連符1 2nd As→As(2拍目の♭がなくなるので追記が必要かと存じます。)
       3連符2 1st E→Es

合わせましてご確認お願い申し上げます。
 

シュトラウス セレナーデ

 投稿者:hr  投稿日:2017年 4月10日(月)08時26分0秒
  山本さま

表題の件、ホルン2ndの譜面につき、下記ご確認お願い申し上げます。

1.54小節3拍目 As→A(フラットなし)
2.64小節1拍目裏・2拍目裏 Es→C or E(和音バランスでどちらがよいでしょうか)(3拍目Esはそのまま)
3.75~78小節 G-As-G×2→D-Es-D×2
4.95・96小節 G→D

今朝見ていて気づいたのは上記4点です。


1点、別で
171小節、原曲ではEs,As,D,F,Hがありますが、
編曲いただいた版ではFがないようです。
Fgのどちらかの音のFへの変更につきましてご検討お願い申し上げます。
 

チェロの譜面

 投稿者:Ms.Vn/Va/Ob他  投稿日:2017年 4月 5日(水)15時14分25秒
  チェロ1名、もし会場にスペースがあれば、是非のりたいです、という方がおられます。
取り急ぎ、モーツアルト40番とおもちゃのシンフォニーだけボーイングなしを送っておりますが、
KBT先生、今週チェロの楽譜1セットご用意いただけますか。今3人なので、2列目の横、入れると思うのですが。
Vn人数に余裕ができたので、1名希望によりビオラになり、
ビオラは4名になってます。
 

本日、都合により欠席します

 投稿者:Fg浅井  投稿日:2017年 4月 1日(土)11時13分16秒
  お疲れ様です。
本日は、別件のため欠席します。
次回は出席します。
 

シュトラウス「管楽セレナーデ」

 投稿者:Fl 山本  投稿日:2017年 4月 1日(土)01時18分45秒
  152小節~157小節の部分、修正が不十分でした。(ob,clパート)
スコアでは、33~34Pの部分です。

修正版をダウンロードされていない方もいるようなので、全パートとスコアの最終版をデータ便のサイトにアップロードしました。明日は、申し訳ありませんが、参加できないので、フルート・パートも登録しています。

修正点を言葉で説明するのは難しいので、ダウンドードの上、修正箇所の確認をお願いします。

fl 山本

FILE: strauss_serenade_op7_nonet_score_rv03.pdf
URL: http://16.gigafile.nu/0408-cc8d9d86f062576fcb0821778cdb54f8a

FILE: strauss_serenade_nonet_fl_rv02.pdf
URL: http://16.gigafile.nu/0408-b52b1669ce9a72ece9a0f74e47b0ed40c

FILE: strauss_serenade_nonet_ob_I_rv03.pdf
URL: http://16.gigafile.nu/0408-ceab22731a9bad2d2da3665825892039f

FILE: strauss_serenade_nonet_ob_II_rv03.pdf
URL: http://16.gigafile.nu/0408-b5551b1896895e092121079914ab26340

FILE: strauss_serenade_fg_I_rv01.pdf
URL: http://16.gigafile.nu/0408-b76d4f688a4efda9b132179218a0d3890

FILE: strauss_serenade_op7_nonet_fg_II_rv02.pdf
URL: http://16.gigafile.nu/0408-c9d0db484fa09ec51d9ba363b5e901e95

FILE: strauss_serenade_op7_nonet_hn_I_rv02.pdf
URL: http://16.gigafile.nu/0408-b86da46e28f34c9d41657d806da64ea24

FILE: strauss_serenade_op7_nonet_hn_II_rv02.pdf
URL: http://16.gigafile.nu/0408-c6734af674d02dc26bdbc1cec227161c6

FILE: strauss_serenade_cb_rv01.pdf
URL: http://16.gigafile.nu/0408-bf4e0083969ec05b76fd3ceef48fe99ce
 

レンタル掲示板
/33