teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:1/77 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「加川 良さんの事」

 投稿者:G.G  投稿日:2010年 5月29日(土)20時19分49秒
  通報
  ライブシリーズを再開する事にした時に、第1弾を何の迷いもなく
「加川 良」にしようと思いました。
(高田渡が存命であれば、まず高田渡だったでしょうが)

専任のマネージャーをしていた「友部正人」は過去に2回やってるし
「斉藤哲夫」は、湘さんが呼んでくれてるし。

そうなると、私の音楽キャリアの原点に最も近いのが「加川 良」なのです。
なんと言ったって、メチャクチャ唄のうまい方ですし。好きな曲がいっぱいあるし。

実は、今回彼と交渉する段になって変な事に気づきました。
彼の事を何て呼んでたんだろう?記憶にないのです。

「加川さん」?違う。「良」呼び捨て?滅相もない。
だって彼は、私が生まれて初めて就職した会社の先輩でしたから。

彼に近い人は、本名の「コサイちゃん」あるいは「コサイ」と呼ぶ人が多いのですが、それでもないし・・・・。

なので、電話でのやり取りも私にとっては変に「ギコチない」状態だったのです。
従って、妙な緊張感を抱えながら当日を迎える事になりそうです。

実は、聞こう聞こうと思ってるのに聞きそびれている事があります。
吉田拓郎の名作「元気です」に収録されている「加川 良の手紙」(作詞:加川 良
 作曲:吉田拓郎)という曲をご存知でしょうか?拓郎の最新4枚組ライブ盤でも
栄えある?1曲目に唄われています。

この曲に頻繁に出てくるのが「隣のタナカさん」なのですが、当時加川さんと田中
さんは異常な位の仲良しでした。

楽譜を出版する会社にいた田中さん。私もお世話になりましたので
お元気なのか?今は何をしているのか?
6月に加川 良さんから、近況を伺うのを楽しみにしています。
 
 
》記事一覧表示

新着順:1/77 《前のページ | 次のページ》
/77