teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


バレエでの故障について

 投稿者:ミワ  投稿日:2010年 7月20日(火)16時19分34秒
  初めまして。なかなか治らない痛みについて調べていた所、こちらへ辿り着きました。

私は30代後半女性、20歳までモダンバレエをしていた後一時中断し、5年位前から週1で
スポーツクラブでのバレエストレッチを経て、現在週2回バレエスタジオへ通って2年弱
経ちました。

ストレッチは毎晩お風呂上りに欠かしませんでしたが、今年の春頃から左右に開脚して
前屈をすると、右の膝横辺りの筋につっぱるような痛みを感じるようになりました。
それでもストレッチを続けるとその痛みは消えていったので、あまり気にしていなかったのですが、段々つっぱりが大きくなり、左右の開脚時、上下の開脚時、グランバトマン等
脚を横に上げたりする動作の時に痛みを感じます。
右足を軸にしての、アラベスクやパンシェの時も少し痛みます。
膝の真裏というよりは、内側が痛む感じです。

先月から整骨院へ通い始めてみたのですが、筋肉が硬くなっているからという診断で
電気+マッサージを週1回受けていますが、ほとんど改善されていないです。
マッサージにより脚はだいぶ軽く感じられるのですが、肝心な痛みは残ったままです。

今後バレエを続けていく上での注意点や、治療方法、痛みの原因等
実際に診て頂いていないのに厚かましい相談で本当に申し訳ないのですが、
自分で調べるの限界や周囲に相談できる方がいなかったので
こちらへ投稿させて頂きました。
お忙しいところ恐れ入りますが、アドバイス頂けると有難いです。
 
 

ご紹介

 投稿者:鈴木健メール  投稿日:2010年 4月29日(木)19時49分1秒
  掲示板をお借りします

突然のメールにて失礼します。
私はAMAZONリハビリテーションライブラリー運営担当の鈴木と申します。日本発のリハビリテーション専門書のインターネットショップとなるAMAZONリハビリテーションライブラリーは各専門分野別に本を分類することで購入する方以外の方にも「本の検索」として利用しやすいように整理されています。
取り扱いの本も約1500冊となり現在も新刊を更新し続けています。
ぜひ一度はホームページをご活用下さい。

AMAZONリハビリテーションライブラリー 鈴木健
http://library77.web.fc2.com/
librarylibrary77@yahoo.co.jp

http://library77.web.fc2.com/

 

お返事ありがとうございます!

 投稿者:なっちゃん  投稿日:2010年 1月23日(土)21時22分28秒
  回答ありがとうございます★
実は最近自分なりに背中の柔軟を
していたのですがそれが今回
アドバイスをもらったやり方
だったので少しおどろいています!

毎日やっているうちにヨガの
ようなポーズで足が頭につく
ようになってきたのでさらに
続けていこうとおもいます!

今私16歳なんでいまから
積み重ねていきますっ☆★

アドバイスほんと感謝です><
 

ビールマンスピン

 投稿者:てあて・あら木メール  投稿日:2010年 1月23日(土)15時03分55秒
  なっちゃん

こんにちは、体を柔らかくするためのストレッチです。
先ずは一般的な話。

1.睡眠時間を良く取る・食事をきちんと取る・毎日軽く動く(ウォーキング等)・筋肉を温かくしておく等して、筋肉の状態を良くします。
筋肉の状態が良くなければ、ストレッチをしても筋繊維を傷つけるだけになることもあります。
筋肉に栄養をきちんと送り、疲労物質を流すために、睡眠・食事・運動・温めは大切です。

2.毎日必ずストレッチする。
日々続けることで、筋肉は少しずつストレッチされて来ます。
また、ストレッチだけでは筋肉は弱くなってしまいますので、ストレッチの前に2~30分くらいは歩いたり体を動かして血行を良くして下さい。
血行が良くなると、筋温が上がり、疲労物質が流れ、細胞を再生する栄養が供給されます。

3.ビールマンスピンのようなストレッチは、体の前側を伸ばすストレッチです。
①床にうつ伏せに寝て、両手を体の脇に着き、胸を起こして反らすストレッチ。
②前足を曲げてお腹の前にたたみ、床にうつ伏せに寝て後ろ足を伸ばして体を起こし、後ろの膝を曲げ、曲げた足の足首を両手で持つストレッチ。
頭の上から腕を伸ばして足先を持っても良い。(ヨガのポーズのような形)
これらのストレッチを毎日行います。

いずれにしても、普通にストレッチをしているくらいでビールマンのような格好にはなりません。
あの格好は解剖学的には異常な状態なので、もしあそこまでストレッチをしたいと言うことであれば、毎日毎日異常な練習(ストレッチ)を一年二年と続けることが必要です。

大人になってからあの格好が出来るようになるのは、並大抵の努力では無理です。
子供のころ(10代)からの積み重ねが必要だと思います。
 

回答ありがとうございました

 投稿者:すぃーちーメール  投稿日:2010年 1月18日(月)09時59分9秒
  具体的な方法を教えてくださり、ありがとうございました。

文字だけでは、なかなか真意が伝わっていないようですが、もしそちらを受診すれば、
正しい方法など教えていただけるのでしょうか。
 

質問です!

 投稿者:なっちゃん  投稿日:2010年 1月17日(日)22時45分45秒
  初めてです。いきなりの質問
すみません。

今学校で創作ダンスをしていて
最近たびたび背中の硬さを感じ
ます。基礎やふりで。
そこで背中や腰を
やわらかくしたいんです!!

目標はフィギュアのビールマン
スピンくらいあげたいのですが
背中や腰を柔らかくするには
どのようなストレッチが
効果的でしょうか?

教えていただけると嬉しいです><
 

スィーチーさん

 投稿者:てあて・あら木メール  投稿日:2010年 1月16日(土)15時23分44秒
  遅くなりました。
ご質問の件です。


①長座ができない、膝をかなり立てないと(むしろ体育座りに近い?)太ももの前面が硬くなり、腰も立てられず痛くなる。

長座をすると下肢の後ろ側を伸ばさなければいけなくなります。
ここに書かれている状態は、下肢後面が縮んでしまっている状態です。
したがって、下肢後面を伸ばすストレッチをする必要があります。

1)アキレス腱(ヒフク筋・平目筋)のストレッチを行う。
 爪先を10センチくらいの高さのモノに乗せ踵を低くしてアキレス腱を伸ばします。
 朝夕2分間行います。
2)ハムストリングスのストレッチを行います。
 一番簡単なものは、立った状態で体を前に倒すだけ。
 他に片足を前に出して踵を付き、反対の膝を曲げて前に出した膝を伸ばすようにする。
 この時、背中を伸ばすのがポイントです。
3)臀部の筋肉をストレッチする。
 胡坐をかくようなポーズで座り、片方の足を少し前に出します。
 この状態で背中を伸ばして前に少し倒れます。
 これが出来るようなら、前に出した膝を立てて抱え、胸に近づけます。
 どちらのポーズも坐骨を両方床に付け、背中を真っ直ぐにするのがポイントです。
 坐骨が立たなければお尻の下に座布団を畳んで敷くなどして、坐骨が立つ状態を作る。

ポーズを取ることが目的ではなく、アキレス腱やハムストリングスや臀筋を伸ばすのが目的です。


②前後及び左右の開脚がほとんどできない。(以前バレエを習っていたときは今よりマシでしたが、それでも100度くらいでしょうか。後から習い始めた方にどんどん追い抜かれてました)

人に追い抜かれることは全く問題ではありません。
と言うか、人が出来るからと行って自分が出来る訳ではありません。
逆に自分が出来ることが人に出来ると言うものでもありません。

股関節周りと下肢の筋肉群が硬いものと思われます。
①の質問の答えのようなストレッチを続けることと、股関節を良く回すことです。
日々、歩いたり軽く動いたり日常的な運動はやっていますか?
現代人は劇的に運動量が少なく、同じ姿勢を取っています。
週に2回程度のレッスンであれば、運動不足の解消には役に立ちません。
日常的に関節を動かすことをやって下さい。


③左足軸が異常に弱い。ピルエットも左軸が主ですが、すごく苦手です。タンジュをしても自分でもつま先のほうに重心が乗っていないのがわかります。
どこに乗るべきか探しているうちに、レッスンはどんどん進んでいってしまいます。

申し訳ありません。
『軸が弱い』と言うのが何を表現したいのかが分かりません。
左足軸でピルエットをすると、ピルエットの途中で左足が曲がって落ちてしまう、と言うことであれば、左足軸で立つ練習をして下さい。
ピルエットは回る練習ではなく、片足で立つ練習をすることで回れるようになります。

『ダンデュをして爪先に重心が乗らない』とのことですが、軸足の爪先寄りに重心を乗せたいと言うことであれば、『乗らない』のではなく『乗せていない』と言うことだろうと思います。
片足で立って、拇指丘→小指丘→踵と言うように重心を移動させる練習をされればと思います。
この時、重心の移動は『脚や足裏』で行うのではなく、体の軸をどこに持ってくかで変わります。
 

探しきれませんでしたので・・・

 投稿者:すぃーちーメール  投稿日:2010年 1月 6日(水)15時23分55秒
  あら木先生、皆様こんにちは。

バレエを再開しようといろいろ検索しているうちにたどり着きました。
早速の質問で申し訳ありませんが、以前バレエを習っている間もそうでしたし、再開するに当たって解消したいことがいくつかあります。
スレッドを拝見しましたが、探しきれなかったので質問させてください。

①長座ができない、膝をかなり立てないと(むしろ体育座りに近い?)太ももの前面が
硬くなり、腰も立てられず痛くなる。
②前後及び左右の開脚がほとんどできない。(以前バレエを習っていたときは今より
マシでしたが、それでも100度くらいでしょうか。後から習い始めた方にどんどん追い抜かれてました)
③左足軸が異常に弱い。ピルエットも左軸が主ですが、すごく苦手です。タンジュをしても自分でもつま先のほうに重心が乗っていないのがわかります。
どこに乗るべきか探しているうちに、レッスンはどんどん進んでいってしまいます。

以上のうち、どれか一つでも解消方法を教えていただければ、ありがたいです。
趣味で習うバレエなので、テクニックは自分の努力である程度向上できると思いますが、
ダンサーとしては、上記のような身体的に不利な点が多いのですが、無理せずケガせず
バレエを続けるために、ご教示いただければうれしいです。

どうぞよろしくお願いいたします。
 

お礼

 投稿者:バレエ好きメール  投稿日:2009年11月26日(木)00時19分52秒
  あら木先生

度々の質問にもかかわらず、丁寧なご回答ありがとうございました。
張り切ってレッスンを増やした矢先のことだったので、かなりへこんでいたのですが、
細かいアドバイスを頂けて不安がやわらぎました。

故障とうまくつきあって、これからもバレエの上達をめざして頑張りたいと思います。
ありがとうございました。
 

変形性膝関節症

 投稿者:てあて・あら木メール  投稿日:2009年11月23日(月)18時23分19秒
  バレエ好きさん

こんにちは
遅くなってすみません。ご質問の件です。


>とりあえずランニングは休んでいますが、バレエは続けています。
>飛んだりはねたりしてもあまり痛む事は無いのですが、膝を深く曲げると痛みがひどくな
>り、以前よりかなり硬くなっています。
>現在は整形外科での電気治療と自宅で膝の筋トレをして症状を緩和するようつとめていま
>す。

変形性膝関節症の方を診ていて思うことは、筋トレが必要な場合とストレッチあるいはマッサージが必要な場合があるように思っています。
変形性膝関節症と言うくらいですから、膝の辺りの関節が少し変形して来ていると言うことです。
『膝』は実は膝という実態がある訳ではありません。
大腿骨の下側と頸骨の上側が出会う場所”あたり”を膝と呼んでいます。
だから、変形性膝関節症と言う場合、膝が変形しているのではなく、大腿骨の下側か頸骨の上側かその間にある軟部組織(半月板)が変形していると言うことです。
そこで、痛みが出ている原因の主なものは、構造としての骨が変形したことで、位置関係が変わってしまい、そこに繋がっていた靭帯や筋肉が緊張したり炎症したり、と言うことです。
なので、変形性膝関節症で痛みを取るには、硬くなっている部分の筋肉を柔らかくし動きにくい靭帯を動かすことで、元あった位置関係に戻して元々の動きと同じように動けるようにしてあげると言うことと、必要な筋肉を鍛えることで”どこか”が弱くなって動きが変わってしまったものを、元々の動きに戻してあげる、と言うことが大切になってきます。
(電気治療は膝関節の中を緩めるという効果があります。)


①レッスンの後、自宅に戻ってアイシングをするまでに1時間以上時間があいてしまいますが、それでも有効でしょうか。(膝を暖める電気療法と相反するように思えるので。)

電気療法は膝を緩めることがメインなので、アイシングは同時にやっても良いと思います。
出来れば使ってすぐが良いですが、家に帰ってからでも熱を持っているようならすべきだと思います。

②今のところ我慢出来る程度の痛みなのですが、無理して膝を曲げない方がいいのでしょうか。(使わないとますます硬くなるような気がして心配です。)

無理して曲げる必要はありませんが、膝の周り(特にももの左右)に硬い部分があったら、そこをマッサージする必要があります。
それと、膝裏が硬くなっていませんか?
ここは膝を曲げて手を入れて、少しずつマッサージしてあげて下さい。
膝に繋がるももの裏の筋肉(ハムストリングス)などが通っているので、膝の周りを緩めることが出来ます。

③膝のサポーターは有効なのでしょうか。
  チャコットで扱っているダンス用の薄手で柔らかいものや、薬局などで売っている
 厚手で締め付けのきついもの、テーピングタイプのものなど色々ありますが、
 どういったものが一番膝関節の保護に良いのでしょうか。
 また、普段の生活で長時間使用しても大丈夫でしょうか。(かえって膝が弱くなるような
 ことはないでしょうか。)

膝のサポーターは痛みが激しい時には有効だと思います。
個人的にはターピングタイプのもので、膝を一方向(前後)に曲げるようになっているものです。
普段、痛みがないようならつけないで良いと思います。


>年とともにひどくなっていくのは避けられないのでしょうけれど、筋トレや生活習慣などで
>進行を遅らせ、少しでも長くバレエとランニングを続けられたらと思います。

膝の変形を進める最大の原因は、膝が動く方向が真っ直ぐ前後ではなく、内股方向に曲がったりすることです。
うつ伏せに寝て膝を片方ずつ曲げてみて下さい。
痛い右膝を曲げると、左膝と比べて軌跡が違うと思います。
例えば、右足の方が内側を通ってお尻の真ん中に倒れてくるなら、右下肢の内側をマッサージしたり緩めたりして下さい。
逆に右足が外側を通って身体の外側に倒れてくるようなら、右下肢の外側をマッサージしたり緩めたりて下さい。

お医者さんは最悪の場合を想定して話をされますが、年とともにひどくなっていく…かどうかは分かりません。
変形があったとしても痛みがなければ良い訳ですし、変形が進まなければ痛みも出なくなります。

がんばりましょう。
 

レンタル掲示板
/14